オフィス家具やOA機器のレンタル何を決め手にする?

オフィス家具やOA機器は「借りる」時代?

様々な「借りる」サービス

開業や移転など、オフィスに仕事ができる環境を整えるためには、デスクや椅子はもちろん、収納や什器などのオフィス家具、そして、コピー機(複合機)やビジネスフォン、パソコンなどのOA機器が必要です。
でも、全てを購入していたら資金がいくらあっても足りません。
特に開業の時は、事業を軌道に乗せるために資金を投入したいと考えるのが一般的でしょう。
その様な時に、経費の圧縮に一役買ってくれるのが、「借りる」という方法です。
購入と比べて初期にかかる費用は抑えられる事や、毎月の支払を定額にすることもできるため、費用の予測が立てやすく、資金繰りの計画がしやすくなります。

よく耳にするのは「レンタル」というサービスでしょう。
レンタル会社が所有している家具を、希望する期間借りることができるサービスです。
最短で1日から、長いと数年の間で、期間を自由に選択できます。
物品の所有権はレンタル会社にあるので、故障した際のメンテナンス費用や、処分する際の費用はレンタル会社の負担となるので、購入と比べて余分な費用が掛からないところも魅力です。
でも注意しなければならないのは、長期間使用すると、使用量を合計すると、購入するよりも高額になることもあり得るというということです。
また、選べる商品は、レンタル会社が所有している物になるため、選択肢が限られたり、一度他で使用された中古の物であることも理解しておく必要があります。

同じ「借りる」というサービスにも、「サブスクリプション」や「リース」といったサービスもあります。
契約する期間やサービスの内容が違ってきますので、それぞれ、細かく見ていきます。

リーズナブルな「借りる」サービス

購入と違って、初期費用が抑えられ、月々の支払いも定額で済むため、オフィス家具やOA機器を準備する際に、「借りる」という選択肢を選ぶ経営者は多いでしょう。 でも「借りる」というサービスにも「レンタル」や「サブスクリプション」そして「リース」と種類も様々です。 それぞれの内容を比較してみます。

オフィス家具などでもみられる「サブスクリプション」

「サブスクリプション」とは、一定期間契約をし、月々定額の使用料を支払うことでサービスの提供を受ける形態の事です。 昨今は音楽や動画の配信サービスなどでよく見かける、月々〇円で音楽利き放題、といったサービスなどです。 同様のサービスが、オフィスで使う機器についても用いられているんです。

サービスによるメリットを使い分ける

これまでは長期か短期か、という利用期間が大きな基準になって、リースとレンタルを使い分けていました。 しかし、新たに「サブスクリプション」という選択肢が出たことにより、その判断基準は様変わりしているようです。 どのサービスを選ぶかは、オフィスの在り方が大きく影響している様です。

TOP